現金出納帳エクセルテンプレートのダウンロード|記入例

1.はじめに

事業を営んでいる方であれば、
基本的には現金出納帳を作る必要があります。

現金取引が少なければ、
別の方法も考えられますが、基本は現金出納帳を作成した方が良いです。

かといって、手書きでつけるのもどうかと思います。
また、わざわざ会計ソフトを購入するまでもありません。

エクセルで簡単に作成しておけば問題ないでしょう。

2.フリー現金出納帳テンプレート(エクセル版)

ダウンロードは下記よりお願いします (メールアドレスの登録などは一切不要です)

現金取引(出納帳形式)

3.使い方-はじめにやること

まずは、①の期首年度を入力し、②の決算月を入力します。

すると、右側の青枠の順番が入れ替わります。

今回は期首2015年、決算月2月としましので、
2015年2月~2016年1月の一年間となりますから、2月が先頭にきます。

3-1 使い方-入力箇所

このエクセルは水色の部分のみ入力します。
白い部分は何も入力することはできません。

月と日を入力すると、年は自動で表示されるようになっています。

まず途中から使用をする場合は、
期首残高があると思いますのでそれを入力します。

無い場合は必要ありません。
下記画像のような形になります。

右の現金経費集計というところには、
現金で支払った金額の月別の合計が集計されるようになっています。

概ねどれぐらい現金で支払いがあるかを一目でわかるようにするために、
このような作りになっています。

ダウンロードは下記よりお願いします。

現金取引(出納帳形式)

○あわせて下記の記事もご覧ください。

>>経理の手間を省く!!現金出納帳を作成しなくても良い方法!!

 

関連記事一覧

愛知県全域で対応いたします

名古屋市天白区を中心に、愛知県全域に対応いたします。
その他地域の経営者の方もお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

税理士法人T-FRONT

〒468-0015
名古屋市天白区原1-210 原コーネルビル2C

9:00〜18:00 土日祝 定休

PAGE TOP