税理士と会計士の違い

税理士と会計士は何が違うんですか?という質問をよくい頂きます。

今回は、税理士と会計士の違いについて書いてみます。

1.税理士とは?

税理士は、他人の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う。

とされています。簡単に言ってしまえば、人様の税金の申告を代行するのが税理士です。

2.会計士とは?

公認会計士は、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査又は証明をすることを業とする。

とされています。この説明だとわかりにくいですが、上場企業などの財務書類の監査をするのが会計士の仕事で税金の計算はしません。

公認会計士は税理士に登録しなければ企業の税務申告を代行したり税務相談を受けることはできません。

3.でも会計士が税務顧問とかやってるけど?

そうです。公認会計士の資格を持っている人は登録をすれば税理士の資格も与えられるので、税理士として企業の顧問税理士をやっているのです。会計士事務所と名乗っている場合でも、税務顧問をやっているのであれば必ず税理士に登録しているはずです。

ちなみに弁護士も登録すれば税理士になれます。また、税理士は登録すれば行政書士になれます。

4. 税理士と会計士どっちが良いの?

私は会計士の資格は持っていないので本当のところはわかりませんが、恐らくどちらに頼んでも変わりはないと思います。

公認会計士の試験に細かい税法の科目はないので、「公認会計士は税法を知らない」と言う人もいますが、それは税理士でも同じことです。

すべての税法の試験を合格している人はいませんし、税理士試験で勉強したことなんて、数年もすれば忘れてしまいます。また税法は毎年改正されます。

ですから、普段から最新の税法の勉強をしていなければ、税理士であっても公認会計士であっても同じことだと思います。

顧問税理士を選ぶ際に、「税理士か会計士か」ということは判断要素にはあまりしない方が良いのではないかと個人的には考えます。

関連記事一覧

愛知県全域で対応いたします

名古屋市天白区を中心に、愛知県全域に対応いたします。
その他地域の経営者の方もお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

税理士法人T-FRONT

〒468-0015
名古屋市天白区原1-210 原コーネルビル2C

9:00〜18:00 土日祝 定休

PAGE TOP